番組審議委員会

番組審議委員会報告

おびひろ市民ラジオ番組審議委員会



平成29年度(第23期)第1回目
■開催日・時間:5月25日(木)11:30~12:30
■開催場所:リッチモンドホテル帯広会議室
■審議内容:「向こう三軒両隣(火)(5月16日放送分)」毎週火曜日 午後1時~(1時間)
      「グーグーキッチン(水)(5月17日放送分)」毎週水曜日 午前10時30分~(7分間)
■番組説明: 毎週月~木の放送、日替わりパーソナリティで火曜日は大樹町在住の管理栄養士の白幡美代子さんが担当。前半30分間は昨今の気になる話題でひとり語り、後半30分間は全国的にも珍しいコールイン(電話市民参加)コーナー。糖質制限ダイエットへの苦言、睡眠時間とアルツハイマー病の関係、行者ニンニク間違え中毒について、最後はリスナーさんとのやり取り。あわせて、白幡さんが担当する7分間のミニ料理コーナー番組「グーグーキッチン」に関しても感想・意見を伺った
■出席委員数:4名、欠席委員数:4名




○ご意見1:糖質制限の体への影響に関してなど興味深い話題が出ていたが、管理栄養士らしい専門的な知識をもっと披露してほしかった。春野菜の旬の話題はよかった。電話で女性と話している時、声が似ているせいもあってどっちが話しているかわかりにくかった。ミニ料理コーナーは、私のような年齢の者には早口でメモを取るのがやっとだった。もう少しゆっくり話してほしかった。

○ご意見2:タイムリーな話題と聴きやすい口調で好感を持った。リスナー参加のところは全体的に親しみやすく良かったが、電話で誰がかけてくるかわからないという趣旨の番組なので相手次第になることはしょうがないとはいえ、管理栄養士らしい話題の持っていき方があってもよかったのではないか? ミニ料理コーナーは材料も身近でメモして自宅でつくってみようと思った。

○ご意見3:行者ニンニク・イヌサフランの中毒事故は、事故を知らない人のためにも日付や場所・状況などをもっと親切に伝えてほしかった。語り口調が上品でとっても聴きやすく、この番組を聴いていて「きれいな日本語」の番組をもっと聴きたくなった。自分は料理をしないので聴き流した感がある。

○ご意見4:上品で聴きやすく安心して聴くことが出来た。最近話題の糖質や脂質制限を、栄養士の目線で話しており、大変興味深かった。時間制限もあるが、もう少し掘り下げた専門的な事を話しても良い。十勝は山菜を採りに行く方が多く採り間違いの話はタイムリーで良かった。リスナー参加番組では、常連が多く、話題に事欠かない面はよいが、新規に電話をしようとするリスナーは参加しづらいのでは?参加しやすい方法を模索すべき。料理番組は少し早口が気になった。

○放送局から:本コールイン番組は、参加する常連リスナーもいて放送局としても大切にしたい番組だ。白幡さんをはじめレギュラー的にパーソナリティを務める方々は、管理栄養士、農業従事者、女性起業家など、それぞれの専門的な知識を生かして、電話をかけてくれるリスナーさんと地域にとってより有益な情報の交換をしてもらいたいと願っている。




【番組審議委員】
大玉泰規(審議委員長)、河西智子(審議副委員長)、高原 淳、谷藤正則、野村文吾、富樫雅道、 後藤健市、谷津恵子(敬称略)


 

Copyright©2008~ FM-WING All Rights Reserved.
ページのトップへ