おびひろ市民ラジオ番組審議会

令和3年度(第27期)第6回目

■開催日:2月中旬に郵送・3月末日締め切り
■開催場所:委員各自の聴取場所
■回答:6名(1名欠員)
※備考:今回の番組審議会は「三密」を避けるため「録音番組郵送」→「聴取」→「感想文」としました。
■審議番組:「えりな&ぬまっちの3時だよ!全員集合!」
放送日時/毎週水曜日 15時00分~15時30分(30分間)
放送形態/収録または生放送
番組内容/全国で活躍中の津軽三味線奏者・民謡歌手の加藤恵里奈(十勝観光大使)さんと、介護福祉士であり高齢者向け地域の茶の間「ぬの家(いえ)」オーナーである沼口奈美子さんの仲良しコンビがお送りする「音楽×福祉×観光×グルメ」をテーマとする地域密着番組。

○ご意見1

明るいはっきりとした声でとても聴きやすい番組でした。「ぬまっち深堀りコーナー」GOODです。パーソナリティがどういう方なのか分かると聴いている時に親近感がわきますね。車いす講座、ぜひ受講したいです。「おすすめスポット」地方の魅力を感じることができ、行ってみたいと思わせる内容でした。継続コーナーにしても良いのでは、と思いました。

○ご意見2

息ぴったりだったし、ハキハキと活舌の良い聴きやすい話し方だったし、二人の仲良し感たっぷりの楽しい番組でした。しかも、内容はほかにもありそうで、もう少しリスナーさんからのメッセージ(おすすめスポット)の紹介数を減らして深く掘り下げたり、普段あまり聴かない民謡や津軽三味線のことを紹介したり、スタジオ生演奏などを企画して放送したらもっと楽しい番組になるのではないかと思いました。(すでにそのような放送されていたらごめんなさい)

○ご意見3

第一印象として、女性2名の進行という点が、会話を通して女子たちの気持ちをすくいあげてくれそうなイメージもあるなあと感じながら聴いていました。観光大使でもあり、十勝では珍しいプロの音楽家でもある加藤恵里奈さんの出演という信頼性があったり、誰かの夢を後押ししてくれそうな、そんな空気感の流れる番組でした。終始明るいトーンで番組側とリスナー側の距離を縮めているようにも感じました。

○ご意見4

二人の女子トーク(?)が終始情報満載で、仲の良さが伝わるとても明るくて良い番組でした。地域密着で「音楽×福祉×観光×グルメ」のテーマに沿って色々な情報が聴け、とてもためになると思いました。ただ、おすすめスポットなどリスナーさんからの情報に対してただ感想を言うよりも、もっとお得な情報や㊙情報みたいなカタチで深堀りして話してもらえるとよりよくなると思いました。

○ご意見5

冒頭で番組のテーマを4つの簡潔な言葉で伝えているのが良いと思います。欲を言えば、この4つのうち「今日のお題はどのテーマなのか」がわかると、よりテーマが際立つのではないかと感じました。また、オープニング後、テーマに沿ったお話しが聴けると期待しているところに、まさかのお題にはいらずメッセージの読み上げ、というのは少し唐突に感じました。しかし、全体的にお二人の仲の良さと元気が伝わり、リスナーとのキャッチボールができている良い番組だと感じました。

○ご意見6

30分間の中に盛りだくさんの内容で、楽しく聴かせていただきました。控えめだというぬまっちさんを恵里奈さんが紹介するコーナーは、お二人の仲の良さを感じることもできて特に印象に残りました。お二人ならではの経験や専門性をいかした情報発信で、十勝を元気にしていただけることに期待しています。

※尚、番組審議会副委員長の吉方朱美さんは、本年1月8日にご逝去されました。謹んでお悔やみ申し上げます。
※上記に伴い、今年度(3月末)中は、番組審議委員の総数は6名で実施致します。
※上記内容は、「社内掲示」「HP」「番組トカチッタアーダコーダ(土曜日午後5時~)」で、公開・紹介されます。

【番組審議委員】
齊藤政樹(審議委員長)、太田貴之、久保利佳、坂口琴美、出村哲教、 盛一美由希(敬称略)