おびひろ市民ラジオ番組審議会

令和4年度(第28期)第2回目

■開催日:7月上旬に郵送・7月下旬締め切り
■開催場所:委員各自の聴取場所
■回答:6名(1名欠席)
※備考:一昨年度(コロナ禍以降)から、番組審議会の審議は「三密」を避けるため「録音番組郵送」→「聴取」→「感想文」としています。
■審議番組:「つりったー清一の家電★デジタルオタク話」
放送日時/毎週月曜日 17時00分~17時30分(30分間)
放送形態/収録
番組内容/家電量販店にお勤めの釣田清一さんが、4月からスタートした新番組。家電やパソコンにスマホ、デジタル家電が溢れる今日この頃。そんなよく見かけるけど使い方や意味がわからないデジタルアイテムを、解りやすくご紹介します。30分番組です。(7月4日放送分)

○ご意見1

4月スタートの新番組ということもあるのか、少し焦って話しているように聴こえました。それによって聴き取りにくかったり、かんでしまったりしていたように思います。特にタイトルコール後のコーナー説明やコーナー終了後の締めコメントがこのような状態だったと思います。番組スタートから「少し落ち着いて!」と思いながら聴いていました。得意な商品説明やIEの説明では、わかりやすく話されていたと思いますので、良かったと思います。

○ご意見2

「~家電デジタルオタク話」という誰もが必需品の家電やデジタルネタというタイトルや説明からのスタート、つい耳を傾けたくなる人が多いように思います。フューチャーしている商品や題目も幅広い層が興味を持ちそうなもののため予備知識として知っていると助かることがありそうですね。時代に沿っていますし、ニッチな世界観でお話しするオタクとは全然違うのでキャッチーでかつ分かりやすくいろんなお話を聴いてみたくなります。

○ご意見3

家電量販店ならではの家電の好きっぷりが伝わるトークで興味深く聴くことができました。デジタリアンという言葉も大変面白いと思いましたし、ペットボトルを凍らせて除湿などプチ情報など入れながら良かったと思います。ケルヒャーの洗浄機は興味あるので今度試しに行きたいと思いました。また、偽ホームページやブラウザの話の部分は、話に笑いをもたせながら面白くしてみるのもなお良いかなあと思いました。

○ご意見4

最近のトピックスを交えながら家電やデジタル機器の専門的な知識を教えてもらえるので、とても役立つ番組だと思いました。特に後半の話題は、さまざまなITリテラシーのリスナーさんに向けて、言葉だけで伝える難しそうだと感じましたが、そこに挑戦する釣田さんを今後も応援したいと思います。

○ご意見5

口ぐせなのか語尾に「~ですね」が多く、その度に耳がつまづく感覚になりました。「こんなん見つけました」は市町村HPの気になったものを取り上げるそうですが、家電を紹介する番組との親和性が分からず戸惑いました。今回は偽サイトの話でしたので、大きく括って(くくって)関係があるということでしょうか。家電好きなので家電量販店で働いている方だからこそ知ってる「なるほど~」な使い方などを教えてほしいです。

○ご意見6

短い時間でたくさんの情報を紹介しており聴きごたえのある番組でした。よく聞くけど使い方や意味がわからない家電やデジタル用語、最近はたくさんあるのでとても興味のそそる番組です。聞き慣れない単語を多く使用しているコーナーもありましたが、家電初心者から中級者まで楽しめるのではないかと思います。使用している人も興味が出るような“デジタルオタク”ならではの豆知識も聴いてみたいです。

※FMウイングから:本年度から途中からは番組審議会は「対面会議形式」でと考えておりましたが第7波到来でまた順延となります。ご了承ください。本番組は、これまでになかった「家電」「デジタル」等がメインテーマであり時代的にも必要な話題かと。今後も社会情勢を見据えた番組を開発していきたいと考えています。複数委員ご指摘の話術のスキルに関してはご本人も意識されており徐々に改善されていくと思います。
※上記内容は、毎回「社内掲示」「HP」「FMウイング番組内」で、公開・紹介されています。

【番組審議委員】
齊藤政樹(審議委員長)、坂口琴美(審議副委員長)、工藤真由美、久保利佳、出村哲教、中丸勝好、 盛一美由希(敬称略)